スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼酎のこと

gotoumugiimo.jpg


九州と言えば焼酎大国!主に宮崎・鹿児島の芋焼酎が有名ですが
ここ長崎と言えば麦焼酎が有名なのですが…

五島列島酒造製の五島 麦・芋!

ほんの先ほど営業の方がいらっさって試飲♡
熱冷めやまぬうちにブログへと書いとこと思うほど

美味でごごごございます。

出来高が決まっている国産の麦麹を使用した
ちょっと贅沢な五島焼酎Σ(・ω・ノ)ノ!

スタッフ1号的には麦麹の麦焼酎に惚れました♡←芋も美味しいよ
麦の独特の香りがお酒を飲む量を進ませます、ええ、試飲なのに。。。

全国でがんばる五島出身の方に是非送りたい!
また、長崎らしさを感じて頂きたい旅行者の方に!


ええ仕事してはります(納得)

そんな男前営業マンさんがオススメな五島麦・芋の特徴はコチラ!←クリック

春の香り、春雨が心地よく感じれるこの季節にはピッタリ!
長崎の春の味覚と共に是非ご愛飲くださいませ☆

スポンサーサイト

ワインのこと

ワイン2



米と言えば日本酒、その延長線的な葡萄の醸造酒であるワイン?
これまた知れば知るほど奥深い、そんな世界でもっともポピュラーな酒類は社長から一つお伺いいたします。


スタッフ 「なぜ?ワインと言えば高田雄康と言われるようになりましたか?」←言われてはいない?

高田   「やはり仕事が酒屋ということがはじめの一歩だったと思います。元々お酒は全般的に好き
     な方でして外食などする際には必ず飲んでますね?むしろ食べることの幅が広がって酒類の
     幅も広がっていった・・・もちろん売る為の勉強としての話ですが(苦笑)

     そこで美味しい料理に合う美味しいワインに出会ったの
がきっかけだと今でも覚えてます。そこから本格的
     に興味を持ちだし掘り下げて調べてみてみるとワインの特徴として価格の幅・種類の豊富さ
     ・ヴィンテージなどの特殊性などスゴイ酒類だということに気づかされました(笑)」

スタッフ 「そんな高田雄康氏のワインの大まかな好みについてお伺いしたいのですが・・・」

高田   「そーですね、大まかに言えばワインの種類や銘柄としては
     赤ワイン>シャンパン>白ワイン
     種類の順番としてはこうですが、食事の内容や宴の席の内容で今はこの順番もコロコロ変わ
     りますが(苦笑)個人的に好きな品種やブランドは

     赤ワイン ・・・メルローシラーマルベック

     シャンパン・・・ペリエ ジュエ・サロン・四季のシャンパンポメリー

     白ワイン ・・・シャルドネ

     個性的・特徴がある記憶に残る味!これが私の好みです。」

スタッフ  「なるほど!確かに食事をご一緒している時に飲んだことがあるような・・・どーも横文
      字と方角の記憶力が曖昧なアタシですが。。。それではこのワインを楽しむ秘訣などあり
      ますか?」

高田    「そうですね、まずは管理まで行き届いているお店で自分に合うワイン探しからしてみて
      はどうでしょうか?キーワード的にはバランス・飲みやすさ・温度・等の健康状態を感じ
      ながら葡萄の産地やワインの産地、そして飲みなれた同じワインでもその時の色や香り等
      の味の違いを感じながら味わってみてください。季節や体調変化などで個人差がるのも逆
      に楽しめるとプロフェッショナルかと(笑)」


スタッフ  「なるほど・・・僕の好きな言葉通りに実践すればよいのですかね?

      Don't think! Feel. It is like a finger pointing a way to the moon と。」



高田    「。。。(無視)

      まー僕としては今後単純に、今より自分が美味しく飲めるワインに出会いたい、その為に
      はしっかりとした知識の勉強をしてあとは探し求め仕事として伝える多くの方に知ってい
      ただくように精進するのみですね!もちろんワインだけでなく色んなお酒を(笑)」



そんな白髪が似合うおっとこ前な弊社高田のワインの話でございました。

誰と何を何とどうやって?飲む?これまた重要な楽しみ方と個人的には思っておりますスタッフですが
それぞれの個性を十分に理解して楽しい宴を日々考え実践していきたいものです☆

                                  スタッフブログ


日本酒のこと

9b0e7a12046d37a34224-LL.jpg

「高田の日本酒会」や現在は「SaveThe東北の酒」並びに東北被災地の日本酒等
何かと日本酒の話題が尽きない高田酒店ブログでございますが、なぜ?

遺伝の酒飲みだからです( ̄^ ̄) エッヘン

興味もった、もたされたこと。
そして日本の食文化に通じ、
またその味わい深さ…

美味しさからかと。

ちょうど20年前、飲食店の経営者を目指し和食料理人になったスタッフ1号、和食と日本酒!その縁深さから当時のオーナーからの指令は本を使った知識の勉強でした。

90年代、東京は日本酒・地酒ブームまっただ中♡務める和食店も地酒を前面に打ち出しており料理の修業とホールスタッフな小間使いが修行のスタートだったアタシ。

お店には常時100酒類程の主に関東から北の地酒を扱っており配達の酒屋のおっちゃんや料理人の先輩方と仕事が終わると試飲や酒を中心とした料理の開発等から興味を持ちその10年後には九州へ戻り小さい飲食店を開業した時に当時の興味からの知識が役に立ち飲み過ぎて酔っ払い大暴れ立つと同時にその美味さが理解できるようになった年頃でもありました。

東京時代の縁を頼りに当時九州の片田舎な小さい店で日本酒と焼酎合わせて200酒類程ご準備!カウンターでのうんちく話やおすすめ商品等コンプリート状態になってますた(笑)

そこから今度は日本料理店を開店するべく中国一年半、台湾一年半と海外での生活、この日本を外から見る経験から日本文化を掘り下げて勉強する機会になり、もちろん海外でも少量ですが手に入る日本酒、また手に入れたい日本酒等現地のメーカーや輸入業者の方等とあーだーこーだと話ししたりとこと話題に☆←激個人的ですが

そして現在、長崎の老舗酒屋さんにお世話になっているスタッフ1号ができること…
多くの方に楽しく日本酒に触れて頂きたい、分かりやすくブルース・リー風に言うと

Don't think! Feel. It is like a finger pointing a way to the moon

~考えるな!感じろ。なんたらかんたら・・・

有名大手酒造さんから小さい個人の酒蔵さん、北は東北・北海道、南でも造れるんだぞ!な九州まで土地によって、季節によって、飲み方によって年月によって人によっても同じ酒でも味わいが変わる!そんな好みに合った提案を飲食店経営の視点から業務店さまへオススメし、目的は来店していただくお客様が満足していただけるよう努力いたしてまいります。


                               スタッフブログ

プロフィール

スタッフ1号

Author:スタッフ1号
長崎市銀屋町にある高田酒店、PB商品「おとき」販売店。新商品のご案内や主催しております日本酒会・ワイン会などのイベント情報などをどこよりも早くお伝えするスタッフブログです。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。