スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おトキさん

昨年、PB商品「諸白純米原酒おとき」を作った高田酒店、商品名の「おとき」を使わせていただいた先祖高田トキさんへの感謝の気持ちを込め命日である2月19日に95回忌法要を行いました。

トキばあちゃんが生まれた1929年、江戸後期から明治維新そして第一次世界大戦開戦…
激動の時代をノスタルジックに浸りながら86年という当時では長い人生を肴に商品化
するにあたってお世話になった方々、そして現高田家ご親族の皆様と過ごさせていただ
きました。

写真(1)_convert_20110221112726


各部屋は全室オーシャンビュー、長崎茂木の港から外海の景色は絶景♡
懐かしさと素朴さと現実逃避にはピッタリな雰囲気と取れたての海の
幸の美味しさは贅沢そのものでございました。

写真(2)_convert_20110221112746
天然伊勢海老と今が旬な「あら」の活造り
写真(3)_convert_20110221112801
これまた今旬な水イカの活造り

まさに魚づくし!!

写真(4)_convert_20110221112819


写真(5)_convert_20110221112834


ゆっくりとした部屋食で海鮮三昧楽しませていただき、個人的にはちょっと気になる生簀や厨房なんかもコッソリと覗いてきましたがその広さには絶句(笑)過去、私料理人修業時代にお世話になった1,000人規模の婚礼等もなんなくさばけるホテルの厨房よりも…ひ、広い!!

生簀なんかちょっとした水族館なみ♡

写真(6)_convert_20110221112849


そんな生簀で激写したこちらの写真、わかります?
擬態したヒラメが隠れております(笑)←左端はまだ修行中なヒラメ♡

茂木といえば長崎名物は「枇杷」でございますが、外海に面した漁港があることでも有名です!
山あり内海外海有な長崎の町はまさに食の宝庫☆

PB商品作成から現在長崎の歴史や文化等幅広く学習中でございますが
ホントきっかけはおトキばあちゃんからはじまったような気がしたス
タッフ一号でした^^

スポンサーサイト

水車精米

長崎県大村市「大村とりかぶと研究所」

通常機械で行えば半日なお米の精米だが
ゆっくりと水車で精米するには3週間の期間がかかると言う。

IMG_0522_convert_20100506175256.jpg

現代では一般的なお酒用のお米を使った日本酒造りだが
江戸時代、当時一般的な原材料は飯米であった。

原料製法ともにこだわっていきたい「おとき」では
飯米長崎県産ヒノヒカリを使用、当時の製法でもある水車精米にこだわった。

IMG_0512_convert_20100506175129.jpg
※実際の精米風景

大自然の中に調和する水車の動力、
江戸時代の日本酒造りはここからはじまる。

諸白純米原酒 清酒 おとき

「江戸時代の酒ってどがん味がしたとかな?」

otokibin


「龍馬が活躍した江戸時代後期、長崎の町の人はいったいどんな日本酒をのんでいたのだろうか?」
日本初のカンパニーと言われる「亀山社中」を設立した中の1人坂本龍馬。
わが国近代化の第一歩は145年前、長崎伊良林の地によりはじまった。

先祖の高田トキさんは日本初の商社といわれる「亀山社中」の前身「高田茶屋」の所有者。建物を亀山社中に貸すなど龍馬と深いつながりがあった。そこで龍馬が生きた江戸時代後期の人が飲んでいた酒を再現してみたいとの思いを地元酒造会社に相談、昨年は前身「丁子屋醸造」の操業開始から170周年に当たり「記念事業にふさわしい」と快諾した。

日本の夜明けを夢見酒に酔いしれる、酒豪としても知られる坂本龍馬の熱き思い、高田酒店が提供するのは幕末から明治へと大きな改革の礎を築いた男の浪漫を「日本酒」を通じて味わって頂きたいと考え「原料・麹・製法」そして伝統にこだわり現代に復刻再現しました。


【原料米と精米方法】
1860年当時、普及していた多くの原料米は飯米であると推測されますので今回の「江戸時代の酒造り」においては、長崎県産ヒノヒカリを使用しました。

精米は当時の精米により近い水車精米にこだわり、現代の縦型精米機のおよそ10倍の手間暇をかけ精米歩合88%の原料米が完成しました。※長崎県大村市鳥甲山「とりかぶと生活科学研究所」水車精米機使用

【仕込みについて】
当時の酒造りに使用していた麹菌・酵母に限りなく近いものにこだわり、醸造資材卸元のご協力いただき1876年に日本で初めて米麹から分離された黄麹菌を使用し酵母も古代株を使用しました。※秋田県醸造資材卸元「(株)秋田今野商店 黄麹菌

原料米  長崎県産 ひのひかり              
精米歩合 88%                      
精米方法 水車精米(大村とりかぶと研究所)        
麹    黄麹(アールブルク株)
酵母   酵母(サッカロマイセス・サケ・トウキョウ・エド核株活性酵母)

日本酒度 -4 / アミノ酸 1.7 / 酸度 2.6
アルコール度数 17.3度


贈答用化粧箱枡つき 500ml 高田酒店購入特別価格 2,200円(税込)

プロフィール

スタッフ1号

Author:スタッフ1号
長崎市銀屋町にある高田酒店、PB商品「おとき」販売店。新商品のご案内や主催しております日本酒会・ワイン会などのイベント情報などをどこよりも早くお伝えするスタッフブログです。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。