スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本酒のこと

9b0e7a12046d37a34224-LL.jpg

「高田の日本酒会」や現在は「SaveThe東北の酒」並びに東北被災地の日本酒等
何かと日本酒の話題が尽きない高田酒店ブログでございますが、なぜ?

遺伝の酒飲みだからです( ̄^ ̄) エッヘン

興味もった、もたされたこと。
そして日本の食文化に通じ、
またその味わい深さ…

美味しさからかと。

ちょうど20年前、飲食店の経営者を目指し和食料理人になったスタッフ1号、和食と日本酒!その縁深さから当時のオーナーからの指令は本を使った知識の勉強でした。

90年代、東京は日本酒・地酒ブームまっただ中♡務める和食店も地酒を前面に打ち出しており料理の修業とホールスタッフな小間使いが修行のスタートだったアタシ。

お店には常時100酒類程の主に関東から北の地酒を扱っており配達の酒屋のおっちゃんや料理人の先輩方と仕事が終わると試飲や酒を中心とした料理の開発等から興味を持ちその10年後には九州へ戻り小さい飲食店を開業した時に当時の興味からの知識が役に立ち飲み過ぎて酔っ払い大暴れ立つと同時にその美味さが理解できるようになった年頃でもありました。

東京時代の縁を頼りに当時九州の片田舎な小さい店で日本酒と焼酎合わせて200酒類程ご準備!カウンターでのうんちく話やおすすめ商品等コンプリート状態になってますた(笑)

そこから今度は日本料理店を開店するべく中国一年半、台湾一年半と海外での生活、この日本を外から見る経験から日本文化を掘り下げて勉強する機会になり、もちろん海外でも少量ですが手に入る日本酒、また手に入れたい日本酒等現地のメーカーや輸入業者の方等とあーだーこーだと話ししたりとこと話題に☆←激個人的ですが

そして現在、長崎の老舗酒屋さんにお世話になっているスタッフ1号ができること…
多くの方に楽しく日本酒に触れて頂きたい、分かりやすくブルース・リー風に言うと

Don't think! Feel. It is like a finger pointing a way to the moon

~考えるな!感じろ。なんたらかんたら・・・

有名大手酒造さんから小さい個人の酒蔵さん、北は東北・北海道、南でも造れるんだぞ!な九州まで土地によって、季節によって、飲み方によって年月によって人によっても同じ酒でも味わいが変わる!そんな好みに合った提案を飲食店経営の視点から業務店さまへオススメし、目的は来店していただくお客様が満足していただけるよう努力いたしてまいります。


                               スタッフブログ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スタッフ1号

Author:スタッフ1号
長崎市銀屋町にある高田酒店、PB商品「おとき」販売店。新商品のご案内や主催しております日本酒会・ワイン会などのイベント情報などをどこよりも早くお伝えするスタッフブログです。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。