スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインのこと

ワイン2



米と言えば日本酒、その延長線的な葡萄の醸造酒であるワイン?
これまた知れば知るほど奥深い、そんな世界でもっともポピュラーな酒類は社長から一つお伺いいたします。


スタッフ 「なぜ?ワインと言えば高田雄康と言われるようになりましたか?」←言われてはいない?

高田   「やはり仕事が酒屋ということがはじめの一歩だったと思います。元々お酒は全般的に好き
     な方でして外食などする際には必ず飲んでますね?むしろ食べることの幅が広がって酒類の
     幅も広がっていった・・・もちろん売る為の勉強としての話ですが(苦笑)

     そこで美味しい料理に合う美味しいワインに出会ったの
がきっかけだと今でも覚えてます。そこから本格的
     に興味を持ちだし掘り下げて調べてみてみるとワインの特徴として価格の幅・種類の豊富さ
     ・ヴィンテージなどの特殊性などスゴイ酒類だということに気づかされました(笑)」

スタッフ 「そんな高田雄康氏のワインの大まかな好みについてお伺いしたいのですが・・・」

高田   「そーですね、大まかに言えばワインの種類や銘柄としては
     赤ワイン>シャンパン>白ワイン
     種類の順番としてはこうですが、食事の内容や宴の席の内容で今はこの順番もコロコロ変わ
     りますが(苦笑)個人的に好きな品種やブランドは

     赤ワイン ・・・メルローシラーマルベック

     シャンパン・・・ペリエ ジュエ・サロン・四季のシャンパンポメリー

     白ワイン ・・・シャルドネ

     個性的・特徴がある記憶に残る味!これが私の好みです。」

スタッフ  「なるほど!確かに食事をご一緒している時に飲んだことがあるような・・・どーも横文
      字と方角の記憶力が曖昧なアタシですが。。。それではこのワインを楽しむ秘訣などあり
      ますか?」

高田    「そうですね、まずは管理まで行き届いているお店で自分に合うワイン探しからしてみて
      はどうでしょうか?キーワード的にはバランス・飲みやすさ・温度・等の健康状態を感じ
      ながら葡萄の産地やワインの産地、そして飲みなれた同じワインでもその時の色や香り等
      の味の違いを感じながら味わってみてください。季節や体調変化などで個人差がるのも逆
      に楽しめるとプロフェッショナルかと(笑)」


スタッフ  「なるほど・・・僕の好きな言葉通りに実践すればよいのですかね?

      Don't think! Feel. It is like a finger pointing a way to the moon と。」



高田    「。。。(無視)

      まー僕としては今後単純に、今より自分が美味しく飲めるワインに出会いたい、その為に
      はしっかりとした知識の勉強をしてあとは探し求め仕事として伝える多くの方に知ってい
      ただくように精進するのみですね!もちろんワインだけでなく色んなお酒を(笑)」



そんな白髪が似合うおっとこ前な弊社高田のワインの話でございました。

誰と何を何とどうやって?飲む?これまた重要な楽しみ方と個人的には思っておりますスタッフですが
それぞれの個性を十分に理解して楽しい宴を日々考え実践していきたいものです☆

                                  スタッフブログ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スタッフ1号

Author:スタッフ1号
長崎市銀屋町にある高田酒店、PB商品「おとき」販売店。新商品のご案内や主催しております日本酒会・ワイン会などのイベント情報などをどこよりも早くお伝えするスタッフブログです。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。