スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランチ@眼鏡橋近辺

繧ォ繝ャ繝シ_convert_20110120154936


早いもので第四回高田の日本酒会まであと8日!
昨日は大寒は今期最低の温度を記録した長崎です。

銀屋町高田酒店から市役所方面へ歩いて10分ほど、
友人おすすめのカレー屋さんへ行ってきました^^

ネットで調べると長崎では有名な某カレー店風のお店らしく
定番の「トルコライス」と「カレー」を注文してみました☆

繝医Ν繧ウ繝ゥ繧、繧ケ_convert_20110120155007


あっとホームな居酒屋さんチックなお店は夜は居酒屋ということで
なんとなく家庭料理っぽく美味しくいただきました。


あらためて写真で見ると赤い☆
酸味や辛みも少ないのでカイエンペッパーの辛さではない。。。
こういう特徴ある商品は味の再現にチャレンジしてみたくなります(笑)←一応料理歴18年♡


たまには無性に食べたくなる、
そんなご当地グルメもいいもんですね~。

上海マーケ

明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願いいたします。

昨日は成人式ということもあり全国版のTVや長崎のTVでも
多くの新成人の方のインタビューなど今後を担う若者たち一色でした^^

そんな新成人の方のご参加も大歓迎な1月の高田の日本酒会、
1月29日(土曜日)、新地中華街の「老季らおりー」さんで19:15より開催です。
会費は5,000円で今回はランタンフェスティバルも近いということで中華料理とのコラボです。

テーマは中華にも合う日本酒と日本人にもピッタリな中国酒、
さらには毎回ご協力いただいております杵の川酒蔵さんの新商品

「長崎まっこり」の試飲も開催いたします!

参加希望の方は高田酒店095‐821‐7361担当広山、
もしくはyuko0806takada@gmail.comの方までご連絡くださいませ。


スタッフ1号は旧正月のお祭りランタンフェスティバル前の日本の正月1日から
中国は上海市へお仕事と観光を兼ねて行ってまいりました^^←全部仕事になった人

フェイフェイ圧縮


生まれも育ちも上海人な友人カップルに案内して頂き、←ここ重要(笑)
田舎と都会が共存する文化が素晴らしい☆
そんな上海のローカル目線で激観光地から生活な町などを探索^^

上海川圧縮


生煎圧縮


過去に中国華南や台湾などで起業経験あるスタッフ1号ですが
今回の上海マーケット調査は目から鱗でございました(驚)

イメージする上海、中国という国の事情、一歩ずつ登った経済成長、
そして長崎と同じく古くから貿易港として活躍しているその歴史等など…


今後長崎と上海の公益の縁を頼りに
何か新しいことができないかと…

2011年は大風呂敷広げて望みたいと思います←大げさ


中国華南地区(香港・東莞・深セン)視察ツアーや商談や製造業のご案内
中国上海地区 視察ツアーや現地調査代行その他

中国ビジネスに魅力・興味があるお方などお気軽にご相談くださいませ^^
現地アテンドはもちろん企業様のマッチングなどお手伝いいたします。


                                    スタッフ1号ブログ    

高田の日本酒会おしらせ

201010鬮倡伐譌・譛ャ驟剃シ啀OP_convert_20100930114553


コツコツと地域密着型日本酒会を開催している高田酒店です、
今回も杵の川酒造さんの御協力の元10月16日(土)開催決定!

今回は「日本酒ひやおろし」をメインに
「秋の味覚」「缶詰」を肴に楽しもう会です。

缶詰はKKの缶つまシリーズをメインに今流行りのらー油瓶ものや
川口貿易さんのヨーロッパ缶づめも御用意。←パテなどをサクッと調理

そして長崎と言えば海の幸(-。-)y-゜゜゜
ということで地元の魚屋さん協力のもと・・・


僕が調理を担当させていただきます♡


オーソドックスな食べ物から行き当たりバッタリな食べ物まで
思いつき男の料理でグッとくるやつ拵えます。←ゲフッではない(笑)

怖いもの見たさの御参加もお待ちしております(-_-メ)オイオイ
※注:一応料理人っぽいので普通以上は保障いたします(笑)



参加ご希望の方は10日までにお電話もしくはE-mailにて承っております!
参加費用は5000円、酒と缶詰と肴と魚料理を御用意してお待ちしております^^

高田酒店です。

今日はどんよりとした雨空入りの長崎です、
…長崎入りはいつものような気がしますが。。。

で、今回は以前伺った蔵元の「おとき」酒造りからパチリと一枚二枚。

IMG_0548_convert_20100506175443.jpg

長崎県産ヒノヒカリを100%使用。

そして江戸末期の生き残っていた麹と当時の酵母を使用、
そして賛否両論だが江戸時代の酒にこだわった「おとき」
にはぴったりな「雫絞り」でゆっくりと大切に絞り落とす。

IMG_0546_convert_20100506175409.jpg


今回は私どもも江戸時代の製法材料にこだわった日本酒造りをとおして
改めて感じた日本人としての日本酒の在り方。

そこで長崎の酒はもちろんのこと日本全国の風土が醸し出す地酒をピックアップ!
さらには共通項として「和」にこだわった今女性に大人気のご当地果物リキュールを取りそろえました。

安定化した商品供給ができる体勢が整い次第
随時酒屋のブログっぽく記事にしていきたいと思います(笑)



                       スタッフブログ

高田の日本酒会

日本酒


ちょうど20年前、日本酒・地酒ブームが巻き起こっていた。

当時の東京の地酒と板前料理店で修業しており仕事が終わると
店のママの計らいで日本全国の地酒の勉強として試飲の毎日だ。

「和食と日本酒」その相性の良さは
さすが日本文化といったとこだろう。

本醸造・純米・吟醸・季節限定生などなど味と知識
そして経験値そのすべてをバランスよく学べ、よく
楽しみそして絶対的感覚で自分のものとなった。

しかし面白いのは人間の味覚だ。環境やイメージで
ホント人それぞれな相対的感覚もまたおもしろい。

そして今回のPB商品販売営業で酒好きなお客様達
からよく言われた言葉が…

「やっぱい日本酒はうまかね~」

ここ数年の焼酎ブームも大分落ち着きがでてきた最近、
日本酒を求められる声があちこちから聞こえてきた。

そこで気候風土や地域柄などでも独特の個性が楽しめる、
世界でも唯一四季を感じれる日本文化を感じながら日本
酒を皆で楽しもうではないか!

ということで全国各地からこれぞと思う日本酒をご用意、
もちろん長崎の酒「おとき」も売るほどあります(笑)

高田酒店がプロデュースする「高田の日本酒会(仮)」
第一回を近日開催することに決定しました。


「おときって何?」「ブログを見ました!」
「日本酒が大好き^^」等などご興味がある方はご一報くださいませ。

yuko0806takada@gmail.com

開催日時・参加人数・ご予算など現在検討しております、
決定したらこちらのブログ・メールの方でお知らせいたします。



                          スタッフブログ




テーマ : おいしい店紹介
ジャンル : グルメ

プロフィール

スタッフ1号

Author:スタッフ1号
長崎市銀屋町にある高田酒店、PB商品「おとき」販売店。新商品のご案内や主催しております日本酒会・ワイン会などのイベント情報などをどこよりも早くお伝えするスタッフブログです。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。